ウッキーさいとうのウキキ★ブログ

モータージャーナリスト・斎藤聡の、つれづれ日記ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏用の

ジャケットから、ほぼ2ヵ月半ぶりにタバコが発掘されました。
そのジャケットに2ヵ月半袖を通していなかった、ってことでもあるわけですが…^_^;

「こんなの出てきました(激古)」と嫁に渡したところ、ノータイムでゴミ箱へダンク!

まあ、未練も何もないので別にいいんですが…




というわけで、2ヶ月タバコを吸ってません。
どうやらこのままいけるんじゃないかって気がしてきました。



(-。-)y-゜゜゜

ひょんなことから禁煙を始め、すでに11日目。
仕事机のの前に座ると左手がタバコを探しているし、
イベントで時間が空くと胸のポケットに無意識に手が行くという
非常に心もとない状況ではあります。

もっともニコチンを我慢しているという感じは全然ないので、苦しくも辛くもありませんが・・・。

果たしてこの禁煙はいつまで続くのか・・・。


個人的な希望としては、
10月に大幅なタバコの値上げがあり、これだけ虐げられた喫煙者にさらに税金を課すというやり方が気に入らないので、出来ればこのままやめちゃいたいなあと思っているんですけど・・・。

沖縄2!

うわうわ・・・。
P1000436.jpg

こんなの売ってました。
ザ・ゴールデンエッグスの三線。


夜は国際通りをウロウロ。

実は那覇泊は初めて。
国際通りは東南アジアのにおいがプンプンして面白かったです。

沖縄料理屋さん行き、居酒屋さんに行き、ジャッキーステーキハウスにも。
P1000492.jpg


このお店、すごく有名なんですね。

予約できないので、適当な時間に行ってみると、すでに16人待ち!!

でもあきらめて他の店に行ってしまう人もいるみたいで、案外早くテーブルにつくことができました。


まったく知らずに、松山ってところのホテルに宿を取っていたのですが、松山ってクラブ系飲み屋さんが、ワンサカあるところなんですね。


もちろん夜の出撃はなし。とても健全な旅行なのでした。






そのうち遊びにいこ~~っと。

沖縄!

ナガンヌ島3
に行ってきました。

今回は、琉球大学のオープンキャンパスがあるというので、それに合わせての沖縄旅行。

琉球大学には海洋自然科学科という学科がありまして、目下坊主がもっとも興味のある科目なのであります。
もっともまだ小学生なので、受験はしばらく先の話ですが・・・。

オープンキャンパスではさまざまな研究発表が行われておりました。

ヤドカリに寄生するフクロムシの研究なんてのもありまして、
ひととおり説明を受けた後、水槽のヤドカリを指して、

「このヤドカリにもフクロムシ寄生しているの?」
「じゃあ調べてみましょう。どれか選んで」

で、万力で殻をつぶしてみると、見事に寄生されたヤドカリが・・・

フクロムシ
→あわてて標本に =坊主得意満面。

なんてこともありまして、大いにオープンキャンパスを楽しんでいたのでした。


話は前後しますが、ナガンヌ島にシュノーケリングにも行ってきました。
行きがけの船上から
海がめ
海がめも見ることができました。

シュノーケリングは水深2mくらいのサンゴ礁を泳ぎ回ります。
ナガンヌ島1

そして、坊主、オニヒトデ発見。

「オニヒトデのとげには毒があるから、むやみに触ると危ないから」(坊主談)
だそうです。

シュノーケリングのインストラクターさんが、足ヒレでサンゴに取り付いているオニヒトデを引きはがし、後ほど駆除。

ナガンヌ島2

初めて実物のオニヒトデを見たんすが、けっこうデカイです。


つづく

虫がいない!!

高速道路を走るとボンネットやフロンとウインドウに虫がついて掃除が大変ですね。
と言いつつ、最近は、それほど虫掃除に苦労していません。

ボディにガラスコーティングを施し、ウインドウに撥水処理…と言ってもこちらはレインXのスプレーですが…しているだけで、ずいぶん汚れの落ち方が違います。

そうは言っても、クルマに虫がついて汚れると、やっぱり面倒くさいなあ、なんて思ってしまうわけです。

スピードを出ささなきゃいいだけの離しなんですけどね。


ところで、我が家は小動物王国です。現在、イモリ、ミドリカメ×2、金魚、なまず、ハゼ、フナ、ドジョウ、それに餌になるメダカなどが住んで(?)います。全部うちのボウズが捕まえてきたり、もらってきたりしたものですが、さらに先日ヤモリを捕まえてきたのでした。

以前にも捕まえてきた事があったのですが、ヤモリは生きている餌しか食べないので、キャッチ&リリースで、離していたんですが、今回は飼いたいという事で、動物王国に加わったのでした。

2日に一度は生きた餌を求めて、夜中、虫捕りにいくのですが、これがほとんどいないんです。
蚊トンボやら小さな蛾などを求めてマンションのエントランスや雑草の生えたところを探すのですが、ほとんどいない。

どうやら、除虫剤を撒いているらしく、虫が極端に少ないんです。

マンションの住んでいる住民の方は、虫に悩まされることなく過ごせるので具合がいいのかもしれませんが、
マンションの周りには結構いろんな小動物が棲んでいます。
虫がいないという事は、彼らの餌がないという事でありまして、
これまで食物連鎖で害虫を捕食していた益虫や小動物が棲み難くなっているという事でもあるんです。


こんな小さな世界の出来事ですが、人と環境について考えさせられます。


そう言えば、先日ラジオを聞いていたら、ミツバチの失踪の話をしていました。
峰群崩壊症候群(ほうぐんほうかいしょうこうぐん)と言うんだそうです。

欧州で事例が見られ報告されていましたが、日本でも起こっているんだそうです。
女王蜂を残して、一夜にしてミツバチが失踪してしまうんだとか。

ミツバチは女王蜂を中心に群れを作り、巣別れするときも女王蜂が中心になって行われるわけですが、
この症候群の場合は、女王蜂を残して失踪してしまう。しかも近くに蜂の死骸が見当たらないんだそうです。

ダニや電磁波、伝染病などいろんな学説があるらしいのですが、その中にニコチノイド系の農薬によって起こるのではという説があるようです。
何でも、ニコチノイド系の農薬は、蜂の方向感覚をなくしてしまう害があり、これで蜂は、巣に帰りたくても帰れなくなってしまう…というものです。

実際のところはわからないのですが、
虫のいなくなったマンション周辺で、夜、虫捕り網を抱えてうろつきながら、いろんな事を考えさせrたれたのでした。





前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。