ウッキーさいとうのウキキ★ブログ

モータージャーナリスト・斎藤聡の、つれづれ日記ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白かった

テレビの話です。

普段あまりテレビを見ないのですが、たまたまゴルフの日本オープン・・・。
つい見入ってしまいました。

石川遼選手と今野選手と小田選手の三つ巴の戦い。
ひりひりするくらい緊張感のあるものでした。
今や日本のトッププロといえるくらいに成長した、とてつもない18歳、石川遼選手のプレーも見事でしたが、今野選手の巧さ、小田選手の勝負強さも見応えがありました。

ところが、今日ネットをくぐると、記事は遼くんばっかりでプレーオフを制してツアー初優勝を果たした小田選手の記事があまりにも少ない。

時の人、人気の人ばかりをヨイショッと持ち上げて、記事を作るのってあまりにも浅すぎません?


様々に絡み合う人間像模様があるから、突出した選手の凄さが浮き彫りになるのだと思うし、そこからまた新しいヒーローやスター選手が生まれてくるわけです。

プレーの面白さに対して報道の浅さが気になってしまったのでした。
まあ、最近のマスコミの傾向ではあるんですけど・・・(ちょっと空に向かってつば吐いてます)。



でもって夜。
テレビじゃありませんが、F1ブラジルGPをF1のオフィシャルサイトで見ていたのでした。
このWEBサイトのLive Timingというコンテンツで、ラップタイムなどの数字だけでF1の模様がライブ中継されているんです。
見慣れるとこれがなかなか面白いんですが、今回はチャンピオンの芽のあるフェッテル、バリチェロ、バトンの映像ではなかなか見えにくい攻防が判り、あっという間に時間がすぎてしまったのでした。
それに中島一貴選手の意地と小林可夢偉選手の健闘の様子も伝わってきました。

翌日(つまり今日ですが)録画していたF1中継を見てしまいました。

まれに見る好レースだったのではないかと思います。
特に可夢偉選手は、サードドライバーとは言え、テスト制限のためにほとんどF1に乗る機会がなかったのにも関わらず、素晴らしい走りを見せていたと思いました。速さとしては、トップグループに対して0・5秒くらい遅かったので、あれ以上の成績はブラジルGPでは難しかったのではないかと思いますが、いまのF1の運転の難しさを考えれば、上出来どころが100点満点を上げてもいいと思います。
自分のクルマを作りシーズンを戦うことができれば、そのギャップは簡単に埋まるはずで、可夢偉選手の本当の走りが見たくなってきました。

今シーズンはなかなか歯車がかみ合わず、ポイントが取れない中嶋一貴選手のもっとよい条件での走りも見たいです。


そんなこんなで、昨日の夕方から今朝にかけて、久々にテレビ三昧だったのでした。






スポンサーサイト

コメント

最近は

最近はF1見なくなりました。
ゴタゴタしてるし‥
興醒めしてしまったのかな。

  • 2009/10/20(火) 17:46:59 |
  • URL |
  • ヒロ #-
  • [ 編集]

ついに発売

Windows7発売されましたね。
導入しますか?

  • 2009/10/22(木) 22:49:04 |
  • URL |
  • ヒロ #-
  • [ 編集]

待ちかなぁ?

とりあえずバグが一掃されるまで待ちでしょうか。

  • 2009/10/22(木) 22:55:04 |
  • URL |
  • ウッキー #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukkisaito.blog68.fc2.com/tb.php/292-d012f88c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。