ウッキーさいとうのウキキ★ブログ

モータージャーナリスト・斎藤聡の、つれづれ日記ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイムアタック

P1150288.jpg
12月10日、REV SPEED主催のREVスーパーバトルというタイムアタック大会が筑波サーキットで開催されました。

当初はナンバー付きでたいやはSタイヤ(≒セミレーシングタイヤ)までというレギュレーションだったのですが、最近ではこれに加えてオーディオ、エアコン付、スポーツラジアル(ネオバとかポテンザRE11など)というよりユーザーの車に近い「ストリートクラス」というカテゴリーが出来ています。


今回、ボクはボズスピードのランエボ9改でストリートクラスにエントリー。
タイムは1分1秒4。
前回のタイムアタックから大幅なタイムアップは残念ながら果たせませんでした。

と言っても、それほど悪いタイムじゃないんですけどね。


何せ、ボズのランエボ、軽量化、ボディ補強一切なしで、車検時の車両重量は1370kg。
排ガス検査もバッチリ通過しています。
でも、ムチャムチャ重いです。
パワーこそタービン交換で450馬力くらいでていますが、タイヤもポテンザRE11ですから、旋回スピードにはおのずと限界があります。


当日は、未明まで降っていた雨の影響で、ウエット路面。
1発目のタイムアタックはウエットでキャンセル。
2回目のタイムアタックはところどころにウエットパッチ(湿った路面)が残る中、覚悟を決めて一発勝負に出たのですが・・・。
最終コーナー入り口がウエット状態で、ビビリが入り1分1秒6。
タイムアタックを1回だけで打ち切りタイヤを温存。3回目のタイムアタックにかけることに。

3回目のタイムアタックでは路面もほぼドライになり、路面コンディションは良くなったのですが、気温が上昇してタイムアタックにはやや不利な状況。
そんな中で気合を入れてアタック!

バックストレートで200・22km/hをマーク!! って、え~~そんなに出てたの? っていうくらい2ヘアピンーの立ち上がりは上手くいったのでした。
・・・ところが、最終コーナー入り口でブレーキをかけたとたんABSが作動し痛恨のオーバーラン(=コースアウト)。
数年ぶりにコースからはみ出ちゃいました(^_^;)

もっともコースアウトというほど激しく飛び出したわけじゃなく、クルマへのダメージはなし。
コースを汚さないように、そのまま1コーナーまでグラベルを走ってコースに復帰、再度アタック。

で、なんとかタイムをまとめて1分1秒4。

0・4秒の壁は厚かったです。
タイヤの美味しいところを使いきれなかったのが敗因ですね。



ちなみに先日行われたポテンザRE11Sというセミレーシングタイヤの試乗会では、このボズスピード号で1分0秒0がでているので、アタックモードで走れば59秒台は確実にいけるとおもいます。


自分の課題としては運転の正確度をもう少し上げなくては・・・というわけで、この冬はそのあたりを課題にこそ練。


スポンサーサイト

コメント

カッコ良かったです~ゥ!

水曜日は、お疲れ様でした。前日は本格的な雨天でしたし、当日朝も路面がしっかり濡れていたので、かなり心配しましたが、最終的には皆さんそれなりのアタックモードに入れたようだったので、ギャラリーとしては充分に楽しめました。

3本目の走行、小生はBパドック横(1コーナーから1ヘアやダンロップコーナー迄が見渡せる場所)の観客席で見ていました。最終コーナーでコースアウトなさったのは、場内アナウンスで知りましたが、そのあとのホームストレートは1コーナーまでずっとコース脇を走行なさっていたのは、他の選手(やご自分)のタイムに影響が出ないように気遣っていらっしゃるのがよく判る、良い子のお手本的マナーだったので、思わずうなってしまいましたヨ。

バックストレート200km/h(凄すぎます!)や、その前の2ヘアの絶妙な立ち上がりは見えませんでしたが(REV SPEEDのDVDに収録されるのを祈っています)、1秒4の記録が出たときの1ヘアの立ち上がりからダンロップ・コーナーを駆け抜けて行かれるところも、超カッコよかったですよ~ぉ。(因みに、速いマシンは、ダンロップを(アウト寄り)ミドル・イン・ミドルくらいの感じで抜けるんですね。トラクションがいいからでしょうか?)気温が高かったせいもあるでしょうが、走行後にお会いした際に、額に滲んでいた汗に、斎藤さんの本気度を見た思いでした(ADEのインストラクションの際には、胃は痛くなっても汗はかかれないでしょ?)。

53号車の他に、もう1台応援していた70号車(Brightningのスーパーチャージャー付NC Roadster)は、パワーを生かしきるセットアップができなかったとかで、期待した4秒台には遠く及ばず、6秒台で終わってしまい、嶋崎さんは酷く残念そうでした。

応援ありがとうございました

超かっこいいなんて言われたことがないのでテレます・・・(*^_^*)
ダンロップのラインはその先2ヘアピンまでをアクセル全開で走るためのラインなんです。パワーのあるクルマのラインですね。パワーのないクルマだとダンロップは目一杯膨らんで旋回スピードを稼ぐんです。
あれをやらないと80Rあたりで車が横を向いて4速でドリフトしてしまうんです。

Brightningさんは残念でしたね。ロードスターをハイパワー化していくとどうしてもトラクションに問題がでてくるんでしょうね。4WDよりアクセル操作はさらにシビアになりますから、運転も難しいですよね。

  • 2008/12/12(金) 21:30:20 |
  • URL |
  • ウッキー #-
  • [ 編集]

Sタイヤ

ヨコハマの048を超えるSタイヤって、ありますか?
今、フロント048でリア050なんですよ。
サイズが無くて…

  • 2008/12/13(土) 03:18:19 |
  • URL |
  • ヒロ[e:347] #-
  • [ 編集]

ご存知のように

048Rのエリーゼ(エクシージ)純正タイヤは、ケースを軽量エリーゼ用にチューンしているので、ほかのSタイヤを履くと、タイヤの剛性が勝ち気味になってしまう可能性があります。タイヤがしならず、突っ張った感じになってしまうかもしれません。
Sタイヤは正直なところよくわからないです。スミマセン

  • 2008/12/13(土) 15:04:06 |
  • URL |
  • ウッキー #-
  • [ 編集]

なんちゃってSタイヤ

ロータス純正のSタイヤはラジアルにSパターンを採用したなんちゃって仕様なので使わないです。
サスペンションも変えないとタイヤ負けする傾向ありますね。
それもあって大容量低圧ガス式のものに変えました。

  • 2008/12/13(土) 22:49:56 |
  • URL |
  • ヒロ[e:347] #-
  • [ 編集]

またもや撤退[e:791]

WRC、富士重工業とスズキが撤退しますね。
WTCCも危ういし。
モータースポーツは、衰退の一途ですね…

ロータス、また経営危機にならないだろうか‥

  • 2008/12/17(水) 08:51:49 |
  • URL |
  • ヒロ[e:347] #-
  • [ 編集]

トヨタも…

トヨタまでも赤字に転落
どうなるんでしょうね‥

ちなみに、ブログの方でチューニング内容を纏めてみました

  • 2008/12/23(火) 01:52:41 |
  • URL |
  • ヒロ[e:347] #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukkisaito.blog68.fc2.com/tb.php/253-88cde98f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。