FC2ブログ

ウッキーさいとうのウキキ★ブログ

モータージャーナリスト・斎藤聡の、つれづれ日記ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A4の操縦性について

24-25日の両日、今年度初のADE(アウディ・ドライビング・エクスペリエンス)が開催されました。
いよいよADEサマーシーズンスケジュールの始まりです。今年からスクールカーが新型A4 3・2クワトロになりました。このクルマで今年のADEを行っていきます。

今回は、富士スピードウエイのドリフトコースを使った、シチュエーション2というカリキュラムでした。

シチュエーション2は新しい試みとして、自車持ち込みのマイアウディコースというのもカリキュラムに取り入れてみました。初日は曇り⇒雨、2日目は雨⇒霧という状況だったのですが、無事全てのカリキュラムを終了することができ、まずまずのスタートを切ることができました。



新しくスクールカーに採用されたこの新型A4は、クワトロシステム・・・つまり4WDシステムに若干の変更が施されています。


まず、前後の駆動トルク配分が従来の50対50から40対60に。
フロント・デファレンシャル(デフ)の位置がトランスミッション(トルコン)より前側に移動しています。

駆動トルク配分40対60というのは、エンジンからの駆動トルクを前後のタイヤに振り分けているのですが、その割合が前40%、後ろ60%になっているとうことです。
タイヤの回転数ではなく、あくまでも駆動する力(トルク)なので、なかなかイメージしにくいんですが、
要はアクセルを踏み込んだ時に後輪のほうが強めに路面を蹴るようなイメージでしょうか。
またこの駆動トルク配分は従来は50対50を基本に25対75から75対25の間でトルク配分していたのですが、新型A4は40対60を基本に、走行状態に応じて15対85から、65対35まで変化します。

フロントデフの位置は154㎜前進しています。
つまり総体的なクルマのバランスでいうと、エンジンが154mm後退し、前後重量バランスがよくなったとと言えます。
これはクルマを左右に曲げようとしたときにノーズが軽くなっているので、慣性重量が少なくなって、曲り始めが軽快になるということです。旋回中もフロントタイヤにかかる負担が軽減されているので、よりバランスのいい旋回が可能となります。


また、データには記載されていませんが、ドライブシャフトの付け根の位置もわずかに高くなっています。ということは、車高が同じならロールセンターを上げることができるわけで、当然一新されたフロントサスペンションはそうした設計が盛り込まれているはずです。もちろんサスペンションアームのピポット位置(サスペンションアームのボディ側取り付け点)によってロールセンター高は変わるので、全てそうなるというわけではありませんが、その優位性をシャシー設計に反映しないと考えるほうが不自然だということです。
ロールセンターが高くできれば、それだけロール剛性が高く(強く)・・・コーナーでロールしにくくなります。

まあ、簡単にいってしまうと、こうした基本レイアウトの変更が行なわれたことで、A4はより軽快かつバランスよく曲り、前輪のカーブでの踏ん張りが効きやすくなったわけです。


けれども、こうした変更の結果、操縦性がずいぶん変わっているので、個人的にはちょっと戸惑っている部分もあるんです。

もちろん悪くなっているわけではないのですが、ADEのカリキュラムにある限界域の操縦性の部分に、従来の50対50のシステムとは若干違いがあって、まだそのすべてをつかみきっていないということです。

なにが変わったのかというと、たとえばクワトロダンス(≒直ドリです)で後輪の振り出しがずいぶん容易になっています。
ADE2.jpg 

今まではちょっとハンドルを多めに切ってパワーをかけないとオシリが滑らなかったのですが、軽くハンドルを切り込んでアクセルを踏めば、割と容易に滑り出すようになっています。

そのためFRの感覚により近くなっているということがいえます。
クワトロダンスを持続させるときもアクセルの踏み込み量は少なくてすみます。


ADE1.jpg
この写真は
アクセルを戻した瞬間なのですが、駆動トルクの強いリヤ側のタイヤが速く回転しているのが判ります。この写真をみても後輪をスライドさせやすくなっているのが判ると思います。

ただ・・・
A4.jpg
このくらい角度が付いたとき、従来のクワトロシステムだと、アクセルを踏むとフロントタイヤに多めに駆動トルクが伝わり、前輪がタイヤの向いているほうにクルマを引っ張るようにして、わりと簡単にスピンを回避することができました。
新型も、もちろんフロントタイヤにも駆動がかかっているので、後輪駆動のクルマ(FR車)よりもスピンしにくいんですが、ここからスピンしそうになるクルマをリカバリーするためには、いままでよりも強めにアクセルを踏む込むことが必要になります。


さらにいえば、スキッドパッドをドリフトしながら走る場合、従来は円の中心にクルマが向いても・・・つまり真横を向いてドリフトしている状態でもまだコントロールの余地が残っていて、ドリフトを持続させる余裕があったのですが、新型だと浅いドリフト角のコントロールの幅はとても広いのですが、真横を向くような深いドリフト角になると、修正がちょっと難しくなります。

どうやらスイートスポットが狭いだけでコントロールのやり方はありそうなんですが、そこがまだ見極め切れていないんです。
もうちょっと走り込んで、そのあたりをもうちょっと見極めてみようと思っています。


ただし、これはあくまでも4輪がホイールスピンするような極めて稀な状況での操縦性です。雪道や氷の上で意図的にやらない限りはまず遭遇しない状況なんですけどね。

では一般的な操縦性はどうなのかというと、前輪にかかる駆動トルクが少ないということは、それだけタイヤが曲る力を発生させやすいということです。要するに曲りやすくなっています。しかもフロントにかかる重量が、前後重量配分の適正化で少なくなっていますから、ノーズの動きも軽くなっています。さらに加えてロール剛性が高くなっているので、カーブでの前輪の踏ん張りが効き、アンダーステア傾向が少なめになっています。

とくにフルブレーキをかけながら行なう障害物回避や、ダブルレーンチェンジでのフロントタイヤの追従性の良さはシャシー性能の進化がハッキリと体感できます。




次のADEはブリヂストンのテストコースをお借りして行うシチュエーション4。積極的にクルマの姿勢を作る、あるいはコントロールするというのをテーマしているので、たぶん新しいA4の操縦性がかなりハッキリと体験できるのではないかと思います。参加される方、どうぞお楽しみに。じつはボク自身も、すごく楽しみなんです。

今回はちょっとマニアックな話になってしまいました <(_ _)>

スポンサーサイト

コメント

アクティブサスが気に入った

新型A4、楽しい車になりましたね~。
女神湖でも楽しいだろうなぁ。
今年も行けたら行きますので、その時はまた宜しくお願いしますm(__)m。


A6故障修理中で代車にA6アバント2.8Lに乗っています。
でも、自分の車の方が良い!
今度の土曜日に帰って来ます。
10日かかります。

  • 2008/05/27(火) 20:55:10 |
  • URL |
  • ヒロ #-
  • [ 編集]

S2ではお世話になりました。
座学がとても分かりやすく面白かったです。
秋はS3にも参加したいなぁ・・・と思っています。
よろしくお願いします。

フムフム

そこらの雑誌にはとても載らなさそうなマニアックな解説はとても興味深いものがありました。

6月に実際に体験できるのを楽しみにしています!

  • 2008/05/28(水) 01:00:29 |
  • URL |
  • 4Rings #RAa2TALo
  • [ 編集]

4Ringsさん同様

ドリフト観点での比較とは、通常の記事では見られない内容ですね。これはADE等に出ていないと分からない内容ですね。といいながらADE参加しているにもかかわらず、その違いをはっきりと感じることはできていません(笑)

ただ、以前のスクールカーA4(私の場合S4の前です)よりも比較的簡単にドリフトアングルを付けられるように感じました。そのときは自分がうまくなったのかな、と思っていたのですが、違うようですね(爆)

  • 2008/05/28(水) 01:32:22 |
  • URL |
  • kappe #dEBmsxjg
  • [ 編集]

皆さんコメントありがとうございます

女神湖楽しみにしていてください。たぶんすごく面白いと思いますよ。<ひろさん

ありがとうございます。励みになります (#^.^#) S3もぜひ参加してください。<あゆみさん

6月のS4お待ちしてます♪ たぶん新しいクワトロの特性がかなりハッキリ出るのではないかと思います。<4Ringsさん

いやいや、kappeさんはかなりマシンコントロール巧いと思いますよ。新型A4のコントロール性がよくなったのも確かですけど。<kappeさん

  • 2008/05/28(水) 11:08:46 |
  • URL |
  • ウッキー #-
  • [ 編集]

クワトロの配分って?

今回のブログ、とても興味深く読みました。
新しいA4はラップランドで乗りましたが、前40:後60の配分になっているといわれたものの、その違いはいまいちよくわかりませんでした。氷上では、オシリが出しやすかったのか、それとも滑って出やすいのか、私のレベルが判断がつきません。(^^;
6月のADEではじっくり考えながら走りたいと思いますので、よろしくお願いします。

ところで、A3のクワトロは通常の配分が前90:後10になっていますよね。この配分は、加重のかけ方やカーブなどでどの位まで変化するのでしょうか。ワインディングなどでカーブ手前でブレーキをかけた場合など、ちょっと違うかな~?という気がするのですが、気のせいという感じもしてます。もしご存知でしたら教えてください <(_ _)>

  • 2008/05/28(水) 16:30:24 |
  • URL |
  • める #-
  • [ 編集]

A3は

・・・説明するとなっがくなりそうなので、次のブログに書きます ^_^;
6月はクワトロの機能をパーソナルテーマにぜひ頑張ってください。

  • 2008/05/28(水) 17:32:30 |
  • URL |
  • ウッキー #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukkisaito.blog68.fc2.com/tb.php/211-022bfe7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。