ウッキーさいとうのウキキ★ブログ

モータージャーナリスト・斎藤聡の、つれづれ日記ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタッドレスタイヤ

ほぼ毎年1月くらいに北海道にスタッドレスタイヤの試乗会に行きます。

タイヤメーカーによると、一度スタッドレスタイヤを履いた人は、その便利さにまた履いてくれる・・・いわゆるリピーター率が非常に高いんだそうです。

考えて見れば、ボクも冬はスタッドレスなしには考えられません。チェーンの装着の仕方などはるか昔に忘れてしまっているし(←いいのかそれで!)、そもそも持っていません。

しかも、スタッドレスタイヤの賞味期限は3年から4年くらいなので、また買ってくれる。
そんなわけでタイヤメーカーにとってスタッドレスタイヤは超優良商品なんだそうです。


まあ、そのぶん各メーカーとも性能アップには力を入れていて、進化の度合いは止まりません。



今年も国内外のスタッドレスタイヤがたくさん発表されました。
今年の春に乗ったタイヤを今まで内緒にしておいて、今書かなきゃいけないんです。
時々乗ってすぐに原稿くださいって編集部(担当者)もいるんですが、書いたことがありません。
それにはいろいろな理由があるんですが、一つには、タイヤの構造やコンパウンドの配合、新素材の投入などは試乗会の時点では教えてもらえないんです。

ちょうど今頃、今年モデルのスタッドレスが発表されて初めて、こんな素材を使っているんです・・・って種明かしをされるわけで、そのあたりを試乗したインプレを上手く結びつけたり、あるいは、効いてないんじゃないの? といった疑問を改めて考えたりしながら、原稿を書くわけです。


ちなみに、今年のスタッドレスタイヤのトレンドは「高速走行安定性」でしょうか。

がんがん高速を飛ばせるスタッドレスタイヤはほとんどありませんが、常識的な速度域なら不安なく走れ、タイヤのヨレもほとんど感じない。ノイズも少なく、乗り心地も良好と。

氷雪上性能もちゃんと高めながらこうした性能を上げてくるのですから、タイヤメーカーの努力たるやものすごいものがあります。



最近は雑誌屋さんも不況のためか、独自のスタッドレスタイヤテストをあまりしなくなりました。
ホントは一時に同じ環境で試乗ができると、それぞれのスタッドレスタイヤの特徴や狙いが良くわかるんですけどね。
そんな中、アクティブビークル誌でスタッドレスタイヤテストをすることに。じつは本日これから某所に出かけていくんです。

一旦帰ってくるんですが、仮眠を取ってエビスサーキット、続けて週末のADEシチュエーション3へと突入。帰ってくると試乗会で沖縄行きが待ってます。


数えてみたら今月家に寝た(る)日はたったの9日 ^_^;


誰もほめてくれないから、自分でホメとこ・・・・・・えらいぞ!!




スポンサーサイト

やった~~!!

別のブログにも書きましたが
9月20日にメディア対抗ロードスター4時間耐久レースが開催されました。

昨年イベントで出場できなかったウッキーは、今年はどのチームから出場させてもらおうかと思っていたのでした。

するとモーターウイークリーから、オファーが。

即座にお受けしてエントリー決定!


カーナンバー01「ザ・モーターウイークリーチーム」です

チームメイトは津々見友彦さん、桂伸一さん、国沢光宏さん。
津々見友彦さん(前左)、監督の山本光孝さん(前右)、桂伸一さん(後右)、国沢光宏さん(後左)それにボク(後中)



今年の目標は


「津々見さんを表彰台に上げる!!」 ・・・です


とはいえ、勝とうと思って勝てるものではないので、かなりのプレッシャーがあります。


予選は桂さんが意地のひと踏みでタイムを削り 4位!!



スタートドライバーは津々見さん。
旧ル・マン式スタートでコースの向こう側から走ってきてクルマに乗り込みスタート。ベルト装着に時間をロスして最後尾まで落ちるも、下位集団をごぼう抜きで14位までアップ。

桂さんにドライバーチェンジ。ポジションを6位くらいまで戻していよいよボクの出番。

ちなみにこの耐久レース、燃料制限があって、全開では走りきれないようになっています。
なので、各チーム様々な作戦を立てるわけですが、ボクは5500回転縛りで走れという指示。

走り出してすぐにカービューチームのドライバーで大先輩の伏木悦郎さんと絡んで、2台でバトルしながらほかのクルマをごぼう抜き!!


上位グループが燃料セーブでややペースを落としていた見たいなんですけどね (^_^;


トドメに伏木さんをなんとか抜き去り5500回転縛りのタイムアタック状態に突入。

2位まで順位を上げて国沢さんにバトンタッチ。

国沢さんは5000回転→4500回転の燃費走行を指示されつつも大奮闘。
6位をキープしながら燃料をきっちり残して最終ランナーの桂さんにバトンタッチ。

残り時間40分。この時点で上位に残っているチームはみんな激速。
あとは残りの燃料をいかに上手く使うかが勝負。

桂さんは5500回転縛りながら好タイムを連発して前を行くクルマを追い詰めます。
そして、5番手を抜き去り、さらに燃料セーブのためにややペースダウンした4番手を捉え
残り10分から全開走行。

4番手を走る車両がガス欠でストップ。

3位!!


そのままチェッカーを受け、目標の表彰台をゲットしたのでした。
4時間耐久レース1




いや~~それにしても台風直撃か!? 
と思っていたのですが、上手い具合に未明に台風が関東を抜け、気持ちのよいレース日和となりました。


8日ぶりの更新になります。

ドイツツアーの疲れが出たわけではなく、8日から身柄を拘束されておりまして、しかもちょっと人にいえない(悪い事はしてませんよ)仕事の関係でネタなし。

先月のここ数年来の暇な状態から一転、身動きが取れない状態になっております。

ちなみに、この土日を挟んでまたまた月曜から水曜まで身柄を拘束され、19日がASE。
20日がプレス対抗ロードスター4時間耐久レース。

来週後半からは表ざたに出来るのではないかと思います。


ちなみに、この一週間またまたま太陽の下でず~~と立ち仕事だったため、とても日本人には見えないような黒さになってしまいました。

ADEに参加されるか方、その翌週のADEに参加される方、お楽しみに(?)。



そーなんです

ご機嫌でした!
2日の夕方5時過ぎから2時間と、翌日3日の午前中、ニュルブルクリンクの体験走行。
2日は走り始めが混んでいたのですが、次第に空き出し回りのクルマをあまり気にせずに走ることができました。
また3日目も朝イチから走り始めたのですが、スカスカに空いていてご機嫌。この日は走行時間が長かったので、ゆっくり出てくる人が多かったのでしょう。

そんなわけで、予想以上に気持ちよく、ある人はドキドキで走ることができたのでした。

ちなみにニュルブルクリンクではスーパーGTで活躍している木下みつひろ選手が先導走行役で、絶妙のペース配分だったのも気持ちよく走れた大きな理由の一つだったと思います。

事故もなく無事終了することができました。
ただ・・・ずっと同乗走行をしていたため、写真はなし。
ニュルのステッカーさえ買うことができませんでした。


ニュルからの帰りは、HAMというワイナリーで昼食をとって、フランクフルト空港で解散。


スムーズにいくはずだったのですが、某インストラクターが遭難。
曲がるはずの分岐を走りすぎ、次の出口でUターン。あ、気がついたのか・・・と思ったら、そのまま来た道をグイグイ戻っていってしまったのでした(汗)。

僕たちのクルマ(4ringsさん&mackyさん同乗)は後を追うのをやめ、素直に空港に向かったのでした。途中で電話をかけてみると、


「あと80キロで空港です!」  と自信に満ちたお言葉。





え~っ、どう走っても空港まで30キロないんですけど・・・(大汗)





で、4Ringsさんとmackyさんの懇切丁寧なナビ操作法のレクチャの結果、無事救出されたのでした。
じつはフランクフルト空港と入れると、別の空港に行ってしまうんです。FRANKFRT AM MINEで入れないといけないんです。
最後に落ちをつけないと気が済まないのは性格? さが? カルマ?





スタッフはさらに一泊して4日の便で三々五々帰ってきたのでした。

ちなみに現在、ボクは、トランジットの韓国イチョン空港のラウンジでブログを書いているのでした。
さて、もすぐ搭乗時間です。


只今

ドイツにいます。

アウディドライビングエクスペリエンス・シチュエ-ション6ドイツツアー
のインストラクターとしてきています。
ミュンヘン30日朝9時現地集合です。

参加者も定員一杯集まり、和気あいあいとコースはスタートしたのでした。

そうそう試乗車は アウディRS6!!
S6フォーラムミュンヘン


ウッキーがドイツ入りしてから、すでに5日が経っています。
今回はアシアナを使って28日にフランクフルト入り。
1泊してICEというドイツの新幹線に乗ってミュンヘンへ。

さらに1泊して9時にミュンヘン空港にあるアウディフォーラムで集合。

この日(30日)は、アウディの聖地=インゴルシュタットを経由してマリアラッハで宿泊。ここはニュルブルくリンクまで30分というところ。つまりミュンヘンからマリアラッハまで約500kmをイッキに走破。

31日は現地のADEを受け、エバーバッハという町まで移動。
1日はR8を作っているネッカーズウルムで工場見学のあと
ザスバッハバルデンという黒い森のふもとにある町へ。


ドイツは天気がいいと日中はけっこう暑いのですが、夜は寒いくらい気温が下がり、エアコンなしで心地よく寝られます。
・・・もっともほとんどのホテルにエアコンはついていませんが・・・。

明日は(日本時間だとすでに今日ですが)ニュルブルクリンクに向かいます。

というわけで、駆け足で近況報告。
詳細はおいおい書いていきます。


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。