ウッキーさいとうのウキキ★ブログ

モータージャーナリスト・斎藤聡の、つれづれ日記ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すごい人

今日は東京モーターショーのプレスデーで、会場に行ってきました。
目玉は、なんといってもGT-Rの発表でしょう。
朝からプレスカンファレンス(各メーカー順に発表のステージを行なうんです)のための場所取りで日産ブースは大賑わい。
プレスカンファレンスが始まると会場は・・・
P1050035.jpg

こんな感じ。もう人、人、人。とてもじゃありませんが中に入って行けません。
プレスカンファレンスが終わって、しばらくしてから、もうそろそろいいか、と思って再び出かけていったら、
P1050044.jpg

これだもの。

なぜか昼頃になって急に人口密度が増えて、会場を歩くのもままならないほど。ちょうど昼時にプレスカンファレンスのあった三菱ブースは、すでにエボ10が発表されているというのにこの状態ですもん。
P1050029.jpg

このあと少ししてから日産の順番となるわけです。

そういえば、主催者が、プレス用にお昼にお弁当を用意してくれてたんですが、あっという間に売り切れ終了 ソールドアウトだったらしいです(^_^;)
仕事もあったのでボクは食事が用意してあるプレスルームに行かなかったんですが、食べそびれた人かなり多かったみたいです。
いったい誰が・・・。

ま、それはさておき
今回のショーは、ボク的にはかなり面白かったです
本日発表のインプレッサWRX STI
新型WRX STIのラリーバージョン・・・・のモックアップ。これからこんなイメージでラリーカーを仕上げていくんだそうです

次世代ロータリーエンジン16X
16Xロータリー 排気量800㏄×2ローターで「16」らしいです

写真はサボってあまり撮ってませんが、電気自動車からハイパフォーマンスカーまで各国産メーカーは盛りだくさん。

期待していなかった輸入車も
BMW M3セダン BMW135tii 1シリーズのボディに3・5リットル直噴ターボを乗っけてしまった乱暴なコンパクトカー

やっぱりA4カッコいいです。フロントオーバーハングが短くて横から見たバランスも良かったです。 A1・・・という名前が使われるかどうか判りませんが、それをイメージしたコンセプトモデル。これワールドプレミアです。

100万ユーロ ≒1億6000万円超のあのクルマ ランボルギーニ・レヴェントンも展示されてました。ちゃっかりシートに座っちゃいました。

BMWはM3のセダンと1シリーズに3・5リットル直噴ターボを搭載したホットハッチ=135tiiの2台もワールドプレミアとして持ち込む気合の入れよう。
アウディもA1といわれるコンパクトカーのベースといわれるコンセプトカーが登場(オレンジのヤツね)。一説には、これは別でほぼこのまま登場するという噂も。いずれにしてもこれワールドプレミアです。
それからフランクフルトショーで発表されるやすぐさま売り切れてしまったという、文字どおり幻のランボルギーニ=レヴェントンも展示されてまっした。フランクフルトショーでは触らせてもらえなかったんですが、ちゃっかり座らせてもらっちゃいました。ン~~1億6000万円の座り心地!!

総じて荒唐無稽なコンセプトカーが少なく、せいぜい10年くらいまでの近い将来に登場しそうな、EV(エレクトリック・ビークル)、ディーゼルエンジン搭載車、ハイパフォーマンスカー、コンパクトカーが多くあり、低迷する日本の自動車人気にカンフル剤を打つような夢と希望のあるショーなのではないかと思いました。

遊びに行っても、かなり楽しめると思いますよ。
スポンサーサイト

シチュエーション4

このところ急に涼しくなってきて、めっきり秋って感じですね。

18日19日と、溜まった(滞った?)原稿をなんとかやっつけ、19日からADEのシチュエーション4でブリヂストンの黒磯テストコース入り。さすがに黒磯は寒いです。

お蔭様で、無事イベントが終了。
参加した皆さん、ハードな一日お疲れさまでした。楽しんでもらえたでしょうか?

撤収&帰路についたわけですが、例によって東北道は渋滞中。文字どおり秋晴れの日曜日の夜ですから、いろんなところで2ケタ渋滞。諦めて東北道に乗ると、意外に流れていてさほど辛い思いをせずに家に帰ることが出来ました。


でもって、またまた21日締め切りの原稿を、眠い目をこすりながら書き、ふと時間を見ると午前1時。F1最終戦の時間じゃないですか!!
ハミルトン、アロンソ、ライコネン三つ巴のタイトル争い。琢磨は? 一貴は? 左近は? ホンダとトヨタは?
見所満載。これを見逃す手はありませんよね。というわけで観戦。

チャンピオンは・・・。おおおおっ! 思わず声を上げてしまいました。

気になったのはFテレビのアナウンサー。トップをひた走っていた彼がチェッカーを受けた瞬間に、シリーズチャンピオン決定~! って叫んでましたが、あの人とあの人がゴールするまで決定しませんて。ほんの数十秒のことかもしれませんが、なんで勢いでいい加減な放送するかなあ。あるときは競馬中継のようであり、あるときは古館一郎のコピーのようなの叫び系実況。でも古館さんはちゃんと勉強してましたよ。いい加減な実況するなっての。
レース中は、かろうじて森脇さんと右京さんのコメントが救いになってましたけど。

いや~~それにしてもあの人が来るとは・・・。
それに中嶋一貴の速さも光ってましたね。レース中5番目のファステストラップを刻んでるんですから。

来年はぜひホンダとトヨタにも頑張って欲しいものですね。
ストーブリーグもの楽しみ。琢磨、一貴の去就は?



多謝!2万アクセス

カウンターがついに2万アクセスを突破しました。
たくさんの方にアクセスしていただき、ありがとうございます。
まったく役に立たない極私的なウッキーの日記ブログですが、今後ともお付き合いください。


さて、明けて22日月曜日はル・ボラン誌のロケ。
川口湖界隈で撮影&試乗です。
クルマはランボルギーニ・ガヤルド・スーパーレジェーラとポルシェ911GT3です。
P1040796.jpg

このところ濃いクルマの試乗が続いています。

ちなみにガヤルド・スーパーレジェーラは、ガヤルドをベースに100kg軽量化。エンジンは5リットルV型10気筒。ベース車に比べ10馬力パワーアップの530馬力を発揮します。
一方のポルシェ911GT3は、911をベースに、98年にル・マンで優勝した911GT1というクルマに使っていたGT1クランクケースっていうのを使ったレーシングバージョン。こちらは3・6リットル水平対向6気筒で、415馬力を発揮します。

走りの撮影をしたり細部を撮ったり、試乗したりで日が傾くまで撮影。
ちなみにル・ボランは毎月26日発売でだいたい16日あたりがが校了。つまり記事や写真を全部印刷屋さんに入れなきゃいけないわけです。そう15日取材という日程は文字どおり待ったなし。
ま、でも16日中に原稿を入れればなんとかなるか・・・と思っていた夕暮れ。突然携帯が・・・。
「モシモシRX-●マガジンのIですが、明日の取材よろしくお願いします。」
「へ?」
「いや、あの・・・取材ですが、連絡いってますよね」
「さあ・・・」

いや、実はなぜかI君のメールが迷惑メールリストに入ってしまっていて(もちろん彼のメールが迷惑だというわけではないですよ)、メールチェックできていなかったんです。
もちろん非はボクにあり、明日のハコネ取材決定!!

ということは15日中に原稿を書いてしまわないと大変なことになるわけで・・・。
ええ書きましたとも、速攻で家に帰って原稿書き。
AM2時アップ&原稿送信。

6時起きでハコネ。さすがに眠いです(-_-;)
東名は集中工事しているし。
取材したのは
P1040879.jpg

久々にバリバリのチューニングカー(車検は通りますが)。
パワーは450馬力ほど出ています。

というわけで、眠いので今日はこれで寝ます。

9日から

富士スピードウエイ詰めでした。
9日、10日、11日、と富士スピードウエイで試乗会。
9日が某社の大排気量FR車とランエボ10の試乗会。
P1040713.jpg ランサーエボリューションⅩ(10)のインパネです


10日も別の媒体で同じ取材をこなす予定だったのですが、9日に繰り上げになって、ポッカリ10日が空いてしまいました。
ホテル予約してしまったので、そのまま連泊。
溜まった原稿を書きと、行きたかった床屋さんへGO。
じつは御殿場に、以前に何度かいったことのある上手な床屋さんがあるんです。

でもって、翌11日は午前中がピレリP-ZERO(新型)の試乗会。
アウディR8、ランボルギーニ・ガヤルド、マセラティ・クワトロポルテ、ジャガーXKRという超豪華な試乗車でFISCO爆走。

ピレリの試乗会にはADEインストラクターでレポーター仲間でもある金子陽一くんが来ていたので、彼を誘って午後はスカイラインクーペの試乗会へ。
P1010591.jpg

試乗後、日本の名工に選ばれた日産のテストドライバー加藤博義さんに
拉致され・・・もとい、お会いしたのでしばし歓談。スカイラインクーペ(セダンも)は加藤さんが最終的なセッティングをしているんです。だからってわけじゃないんですが、このスカイラインのハンドリングは世界に誇れるものではないかと思います。
個人的にはアクティブ4WSのついていない素のスカイラインクーペの乗り味が好きです。

でもって、夕方から富士スピードウエイに舞い戻り、ランボルギーニ・ドライビング・アカデミー(LDA)のミーティング&コースセッティング。

12日はLDAでインストラクター。Mach3というスポーツコースで、ブレーキの練習や、コーナリングブレーキ、ドリフトの練習などドリフトコースを使って、みっちり練習して、最後は富士スピードウエイ本コースを先導走行&フリー走行。
先週のADEに続いて本コース走行の時間になるとポツポツ雨が降ってきてしまいました。

雨男は誰だ?   やっぱりボクかなあ・・・・・・?

同乗走行は、ゲストインストラクターを務めていただいた山西康司選手。山西選手はご存知の方も多いと思いますがGT選手権にランボルギーニで出場しているランボ使い。やっぱレーサーの走りはスティディ&シャープで凄いですね。
おっさん的発言をさせてもらうと、気さくな好青年でもあります。11日が30歳の誕生日だったそうで、これからアブラが乗って、いっそう速さに磨きがかかる年齢ですね。ぜひ応援してあげてください。

同乗走行は、ボクも広報車のガヤルドとムルシェラゴでやったんですが、いや~速いこと。しかもものすごくコントロールしやすいんです。ハーフウエットコンディションなのに、ものすごく安定していてガンガンアクセルが踏めました。

というわけで、富士スピードウエイ詰めの4日間を終え帰宅。
翌13日は一日お休みのはずだったんですが、14日に某メーカーの試乗会がありまして、広報担当者さんから「晩御飯一緒に食べません?」の誘惑に乗っていそいそとおでかけ。栃木県の佐野泊。

この2週間でホテル8泊・・・・。
馴染みのホテルが増えつつある今日この頃です。

出張漬け

P1040561.jpg

久しぶりの更新になってしまいました。
上の写真はカメラマンTくんの差し入れ。ウッキーはやっぱりバナナでしょう! ってことでバナナ味。案外イケます。

9月28日から10月5日まで出張しっぱなし。なんと6泊7日という強行軍でした。
まず9月28日から30日まで栃木県のGKNというテストコースでアウディ・ドライビング・エクスペリエンスのシチュエーション3がありまして、30日に福島のエビスサーキットに移動。1日にサーキット走行会をやって、小田原に移動。2、3、4日とハコネでル・ボラン、ゲンロQ、クラブレガシイ、カートップのロケ。
P1040575.jpg P1040610.jpg P1040611.jpg P1040615.jpg P1040632.jpg

あんなクルマやこんなクルマに乗りました。
試乗したクルマの大半が超高級車なので、ちょっと緊張(^_^;)

でもって5日がアウディ・スポーツ・エクスペリエンス(ASE)で富士スピードウエイ。
ASEは昨年からなぜか雨にたたられておりまして、昨年と今年前半に行ったASEはいずれも土砂降り!!

今回は朝起きたらドピーカンの晴天。
ASE、朝はこんなにいい天気だったんですが・・・。

ようやく憑きものが落ちた・・・と思ったら、午後になって雲が湧いてきて、サーキット走行の時間になったらまたしても雨。
まあ、30日に行なわれたF1日本GPのウエット状態をリアルで体験できたわけですが・・・。
いったいどうなっちゃってるんでしょうねえ?

そうそう、雨といえば、今年は関東に台風の直撃がありまして、その爪跡が箱根の乙女峠(御殿場から箱根に登って行く道)にクッキリありました。
P1040646.jpg P1040647.jpg

思い切りの土砂崩れ。2つの写真は道を挟んで反対側。

そんなこんなで1週間、あちこち取材やイベントで動き回りようやく家に帰ってきたというわけです。

帰りの東名高速は、上り港北PAあたりでクルマ2台の横転事故があり渋滞。恐ろしく動きが悪いので、横浜ICから保土ヶ谷バイパスに下りて、横浜新道→首都高湾岸線という迂回ルートを選択。
ベイブリッジと翼橋で写真を撮ったらこんな感じで取れました。
電波出てます・・・・。
P1040661.jpg P1040660.jpg


じつは来週も出張が続きます・・・。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。